個人事業主だけど審査に通るか?プロミスのカードローン

個人で商売をやっています。いわゆる個人事業主というやつですが、売り上げに波があり、今月はちょっと厳しいです。商売に使うつもりはないのですが、家計が厳しいので借り入れを考えています。

しかし、個人事業主は借り入れの審査が厳しいと聞きました。プロミスで借り入れしたいと思っているのですが、プロミスも厳しいのでしょうか?
(⇒プロミスの審査はどこまで厳しい?

個人事業主だけど審査に通るか?プロミスのカードローン

個人事業主であれば、プロミスでは自営者カードローンというのがありますよ。自営者しか借り入れができないカードローンです。

20歳以上で65歳以下の自営者が対象で、生活費か事業にしか使えないローンです。最高限度額は300万円ですが、実際に借り入れできる金額については審査にて決定されます。金利は6.3%~17.8%の単一金利となっています。(参考ページはこちら→プロミスの金利について

保証人や担保は必要ありませんが、身分証明書と確定申告などの収入書類、有効期限内の営業許可証か直近1年以内の受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、報酬明細などの事業実態を疎明する書類が必要になります。返済は残高スライド元利定額返済方式で期間は1~80回払いの最長6年9ヶ月です。返済日は5日、15日、25日、末日のどれかです。

申し込みについては、プロミスの店頭窓口か自動契約機、電話、郵送で可能です。今までであれば自営の方は借り入れが厳しかったですが、最近はこういったサービスもありますので、気にせず借り入れが可能になってますよ。

プロミス個人事業ローン通るか心配な方も安心です

プロミスの利用状況を調査したところ、最も多い借り入れ額とは10万円から50万円のキャッシングであるという事です。それも即日でのキャッシングという事で、web契約による申し込みが殆どであるという事が分かります。即日キャッシングについてはその使い道とは公共料金の支払いや給料日までの不足分の補填等となっているようです。
(⇒Web契約でのキャッシングは早い?

プロミスを利用する顧客層についてはサラリーマンは勿論ですが、パートやアルバイトの方の他自営業を営んでいる事業主の方も意外に多いという事です。それはプロミスが自営業者キャッシングが出来るシステムとなっていて、その最高限度額は300万円となっている事も大きいようです。プロミス個人事業ローン通るかという不安のある方でも、プロミスならば「自営者カードローン」を利用する事で審査の心配も軽減されるのではないでしょうか。

自営者カードローンの金利は6.3%から17.8%となっていて、20歳以上65歳以下の自営者の方を対象としたローンになっています。自営者向けローンではありますが、利用の用途は事業資金だけでは無く生活費にも使う事が出来ます。申込みに必要な書類は運転免許証等の身分証明書や、収入証明書類、請求書や納品書等事業が営まれている事を証明する書類等が必要となります。ただし、50万円以内の申込み金額ならば収入証明書が必要でない場合もあるようです。

以上の事では通常のキャッシングの申込みやその条件とは違う内容となっています。申込みは自動契約機や電話や店頭、郵送等の方法がありますが、当日の融資も可能となるようです。また利用は提携のATMでも行う事が出来るので、その点では通常のキャッシングと同様に利用をする事が出来ます。

ローンカードを作っておく事で急にお金が必要となった時に直ぐに利用が出来る事や、旅行先等で突然まとまったお金が必要になった時等にも利用する事が出来ます。事業資金だけでなく普段の生活費の不足にも利用が出来るので、個人事業主の方には便利なカードローンであると言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.