プロミスの審査は厳しいですか?

プロミスの審査は厳しいですか?

厳しい、との口コミもありますが、標準的と考えて良いでしょう

まず、プロミスの審査が厳しいという声も中にはある一方で、スムーズに審査に通った方もいらっしゃいますので、標準的と捉えて良いのではないでしょうか。フリーキャッシングなら対象は20歳以上69歳以下の定期的な収入のある方ということです。69歳以下まで、というのは他社でもあるにはありますが、親切なほうだと思います。使い道は自由ですが、個人事業主でも借りられるということでこれもメリットですね
(⇒プロミスが使える年齢について

本人確認書類については、一般的ですね。運転免許証、運転免許証がなければ、健康保険証もしくはパスポートで良いそうです。収入証明書類については、借入希望額が50万を超えると必要ということですのでここは少し厳しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。ただ定期的な収入さえあれば20歳以上の収入のある学生、正社員はもちろん、主婦でもパート、アルバイト、派遣社員、個人事業主の方も受け付けてくれるのでここは幅が広いですね。

総合的に見て、審査に必要な資格や情報は厳しいものではありません。申し込み方法もパソコンから、携帯電話から、スマートフォンからインターネットで24時間申し込みができます。自動契約機からならすべてがそこで完結します。種類もフリーキャッシングの他に、レディースキャッシングや目的ローン、おまとめローン(20歳以上65歳以下の定期的な収入のある方)、自営者カードローン(20歳以上65歳以下の自営者の方)など豊富に揃っています。あなたのシーンに合わせてご自分にあったものを選んで審査申し込みしましょう。

人気の消費者金融プロミスって審査が厳しいのですか?

カードローンは使い勝手がよくとても人気が高いです。今現在カードローンを活用している方は全国で1200万人を数えます。これは日本人の10人に1人は利用している計算になり、カードローンは皆さんの生活の便利なツールとして活用しています。そして最近では女性がカードローンを使いようになってきました。国民にとってほんとに身近な存在として利用されているようです。

テレビコマーシャルでも有名な消費者金融で有名なのがプロミスですね。ここは基本的に審査が厳しいとは思えません。カードローンには、銀行系や信販系・そして消費者金融系とありますが、この中でも一番厳しいと言われているのが銀行系のカードローンと言われています。なぜ銀行系は審査が厳しいのかといえば、消費者金融系よりも比較的金利が低いのがあげられます。金利が低くなればなるほど審査は厳しくなると考えて間違いありません。(参考ページはこちら→プロミスは本当に簡単に借りられるの?

キャッシングやカードローン会社の審査基準は、金融機関によって異なります。ただ審査の流れはどこの金融機関でもほとんど同じです。あなたの属性や就労状況、そして過去の借り入れ履歴などを総合的に判断して融資ができるかどうかを判断していきます。ここの判断基準の線引をどこにするのかは金融機関によって違うのです。

消費者金融は比較的甘いと言われていますので、消費者金融でパスできない場合には、融資してくれる金融機関はあまりないかもしれません。残るは中堅の消費者金融と中小の消費者金融しかないことになります。絶対に手を出してはいけないのが、闇金融ですね。ここはそもそも金融業として国の許可を得て運営をしていません。無許可で営業を続けているのです。絶対に闇金融に手を出してはいけません。もしかしたら人生を左右しかねない事態に発展してしまう可能性もあるのです。信用情報に不安を感じておられるのであればいきなり融資の申込をするのではなく、フリーダイヤルなりで相談すると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.