プロミスの増枠申請、一ヶ月ぐらいでも可能

キャッシングベスト3

プロミスの増枠申請って契約して一ヶ月ぐらいでも可能

プロミスの増枠申請って契約して一ヶ月ぐらいでも可能なんでしょうか?一ヶ月前にプロミスで借り入れ契約をしたんですけど、どうしてもその金額では足らず、なんとかしてもうちょっと使えるようにしてもらいたいなって思ってます。

まだ返済は一回しかしておりませんが、これからも絶対に返済の滞りは無いと言い切れます。他に借金はありませんので出来れば増枠してもらいたいです。申し込んだら審査してもらえるのでしょうか?
(⇒返済に滞りがあると融資審査は絶望的?

一ヶ月ならば無理でしょう

さすがに一ヶ月での増枠は無理だと思います。増枠が出来る人っていうのはやはり信用がしっかりと付いている人ですので、まだ一ヶ月ぐらいの取引ならば貴方の信用は図れません。恐らく審査になる前に「門前払い」となるんではないでしょうか。もうちょっと取引をしてから申し込んでくださいと言われるのがオチだと思います。どうしてもお金が必要ならば、もう一社、別の会社に申し込んでみることぐらいしか無いでしょう。(参考ページはこちら→どれくらい待てばカードローンは増額が出来る?

ただし、新しい金融会社も一ヶ月前に他の金融会社から借り入れしているから貸せないという判断を下す可能性も高いことを覚えておいてくださいね。個人の信用情報はお互いの会社で情報を見ることが出来ます。借り入れが近い内に増えるというのはとても金融会社側から見れば要注意とみなされます。それらを踏まえるともしかしたら他社に申し込んでも審査落ちする可能性も否めませんので、出来れば審査の緩い会社に申し込むことをお勧めしたいと思います。

プロミスの増枠申請に落ちないポイントはあるのか

既にプロミスでカードローンを利用している人で利用限度額の増枠申請を考える人は少なくないです。利用限度額の増枠申請も初めに契約する時と同様に別途審査が必要となります。この審査に落ちないポイントは存在するのか説明します。

まず、利用限度額を増枠申請することで総量規制を超えないか確認する必要があります。総量規制とは借り入れる本人の年収3分の1以上の金額は借り入れることが出来ない法律です。利用限度額の増額によって年収3分の1以上の借り入れになる場合は審査に通ることができないです。年収が300万なら3分の1である100万までが限度額になります。

総量規制にはプロミス以外での借り入れも含まれるので、他社での借り入れがあれば更に増額が難しくなります。借り入れる会社は1社に絞ることで審査も比較的通過しやすくできます。

その他のポイントとして今までの返済状況がクリアであるか確認が必要です。今まで借り入れてから月々の返済に遅延が発生しているのであれば、貸し付ける側からすれば不安要素となるので審査に落ちる可能性が上がります。逆に全く遅延が無ければ何ら問題は無いです。

それからある一定期間の取引状況を作ることでプロミスとの信頼関係を築く必要があります。返済の遅延についても言えますが、増枠申請を許可しても大丈夫な人だと認識してもらう必要があります。一定期間の取引があって尚且つ返済状況も問題が無ければ増額の可能性は高くなります。

増枠申請後に利用限度額が50万を超える場合や、他社と合わせて100万を超える場合には収入証明書類の提出が必要です。返済状況や総量規制に問題が無くても現在の収入状況を証明することができなければ増額は出来ないです。証明があっての信頼なのでこれらは用意できるように事前の取得しておくと審査が滞りなく進みます。

以上のポイントに気をつけて増額の申請を行えばより便利にプロミスのカードローンを利用出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.