フリーターでも派遣社員でも大丈夫!

キャッシングベスト3

フリーターでも派遣社員でも大丈夫!プロミスのカードローン

現在フリーターをしていて、アルバイトで生計を立てています。飲み会などでの出費が多く家計が通帳にお金がなくなり、家賃や光熱費の引き落としができないか冷や冷やする時があり、そんな時に借り入れをしたいと考えています。プロミスはフリーターでも借り入れできると見たのですが本当でしょうか?また、そんな目的のために借り入れってできるのでしょうか?

フリーターでも派遣社員でも大丈夫!プロミスのカードローン

プロミスはフリーターでも派遣社員でも安定した収入があれば借り入れできますよ。使用目的は自由なので問題ありません。(参考ページはこちら→用途がフリーなプロミスの融資

私もよく飲み会直前に財布にお金がなくて利用しています。月々の返済も4000円からと安く済みますし、多用しなければ本当に役に立ちますよ。借り入れについてもWeb契約というサービスがあって、スマホやパソコンを使ってインターネットで申し込みから返済までできるサービスもありますよ。

以前は郵送でやりとりしていた必要提出書類も、今は写メでメール添付するだけでオッケーなので本当に手頃で簡単です。提出書類は基本的には身分証明書だけでいいので、運転免許証か保険証ならだいたい携帯していると思うので、いつ審査結果の連絡があっても簡単に契約できますね。

フリーターだと借り入れの限度額は決して高くはないかもしれませんが家計の足しくらいであれば十分だと思います。うまく利用すれば生活も楽になって充実するかもしれまんせんね。

プロミスは安心して大丈夫な金融業者の一つ

プロミスは安心して大丈夫な金融業者の一つです。基本的に、個人に対して少額融資を行っている金融業者というのは消費者金融しか存在しません。消費者金融は、法律によって認められた金融業者ですので、金融業者としてサービスを提供しているプロミスでは安心してお金を借りることが出来るのです。非常にサービスが充実していると言えます。
(⇒法で認められていない業者とはどんなの?

消費者金融が提供するサービスには、主に二つに分けられます。銀行系のものであるかそうでないものかの二つです。なぜこれらに分けられるのかというと、融資をする際に適用される法律が異なっているからです。少額融資のサービスと大型のローンでは適用される法律が異なっていますので、きちんと整理をして利用しないと混乱してしまうことになります。(参考ページはこちら→銀行と消費者金融ではカードローンの使い勝手が違います

銀行が提供するサービスは、お金を貸すことだけではありません。例えば、消費者からお金を預かることが出来ますし、その預かったお金に対して金利を付与することが出来ます。お金貸し出すことが出来ますがほかにも様々なサービスが適用されますので、複合的な要素を含んだ法律を適用しなくてはいけないのです。このような法律のことを銀行法と言います。

反対に、貸金業者のようにお金を貸すことだけを目的としてサービスを提供している場合には、銀行法は適用されません。貸金にのみ特化してお金を貸している場合には、個人の消費者に対して与える影響が大きくなるからです。少額融資の対象はほとんどが個人の消費者ですので、個人の消費者を保護するための法律が適用されなくてはいけません。ですので、貸金業法という法律が適用されます。

このように、プロミスのように貸金業者としてお金を貸している業者にはサラ金業者とは異なってきちんとした法律が適用されるようになっているのです。この法律を遵守してサービスを提供しないと行政処分の対象として処理されてしまうことになりますので、消費者として非常に安心してお金を借りることが出来るわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.