アコムやプロミスの融資は銀行と違う?

キャッシングベスト3

アコムやプロミスで借りるのは銀行融資とどう違う?

アコムやプロミスみたいな消費者金融で借りるのは、銀行融資とはどう違うのでしょうか?

私は今、銀行では無く消費者金融のカードローンに魅力を感じています。理由としては、やっぱり無人契約機の存在でしょうか。私の家の近くにはアコムとプロミスの設備がちょうど存在していて、そこから「最近の消費者金融は銀行とさほど変わらない」という噂なども聞き、せっかくに近くにあるのなら…という事で、消費者金融の方を敢えて使ってみようかと思っています。
(⇒プロミスの無人機の使い勝手やいかに?

しかし度々比べられている現状、アコムやプロミスを使った場合は銀行からの融資と違いがあるのかが気になっているのです。変わらないという意見も全然違うという意見もあり、どちらを信じるべきなのでしょうか?詳しく知っている人は是非教えて下さい。

総量規制が最大の違いでしょうか

銀行と消費者金融が大差無い…というのは、事実の部分と異なる部分があるわね。意外に思うかもしれないけど、銀行と消費者金融では、一番低い状態での金利の場合はほぼ変わらないという点があるわ。その反面少額融資なら銀行の方がとても金利が安いから、どこが同じでどこが変わらないかを把握して使い分けるべきね。

中でも銀行と消費者金融で大きく異なる点と言えば、総量規制の有無かしらね。総量規制っていうのは年収による融資額の限界が決まる制度の事で、総量規制がある場合は年収の三分の一までしか借りられない事になっているわ。平均年収としてよく挙げられる300万の場合、総量規制下では100万までの融資という事になるわね。

そして銀行にはこの規制が無く、消費者金融のみで発生しているわ。アコムもプロミスも銀行と業務提携のような形で深く関係していると言っても、それぞれは消費者金融としての立場を保っているわ。だから年収によって制限を受けているから、消費者金融で融資を受ける場合は年収と良く相談して希望する金額を決めておく事ね。

そうなると規制が無くていくらでも借りられる銀行の方が良さそうだけど、銀行も融資額については審査の上で決定するし、何よりも銀行の方が審査は厳しく、借りられないという事も多くなるわ。あくまでも年収以上に借りられる可能性があるというだけで、信頼が無かったり収入自体が少ない場合、消費者金融と大きな差が無い事も多々あるわね。昔に比べて、今では銀行と消費者金融ではあまり差が無いという方が正しい表現だと思うわよ。

区別してますか?アコムは銀行、プロミスは消費者金融です

重大な過ちを一度だけ犯すと、それ1回しかないにも関わらず、「いつもそうだ」と人から言われます。重大な過ちは、統計的な回数で「いつも」になるのではなく、重大性という印象で「いつも」になってしまうのです。結婚記念日を忘れて、同僚と飲みに行ってしまったとします。奥様は「いつもそうだ!」と怒るでしょう。その時たった1回しかないにも関わらず。

これほど、人にとって印象とは大切なのです。かつて、サラ金という社会的な過ちがありました。借金をした人に対して、法外な金利を付けて取り立てをし、返せないならば別のところから借りろと、仲間のサラ金を紹介して、さらに高い金利で暴力的な取り立てをする、といったものです。絶対に完済させないよう、あらゆる手を使って取り立てを続けたのです。その時、サラ金地獄、という言葉が生まれました。そのサラ金こそ、現在の消費者金融の前身です。
(⇒こんな怖い取り立てが今でもあるの?

あの時代を知る人ならば、現代の消費者金融の変貌ぶりには驚かされます。まるで、郵便局のような感じです。どこに怖いお兄さんが隠れているのかと、キョロキョロしてしまいます。キョロキョロすれば、受付の綺麗なお姉さんが優しい笑顔を向けてくれます。法定金利も守り、取り立てをせず、返済が苦しくなった人には、親身になって今後の相談に応じてくれます。しかし、それだけ変わったのにも関わらず、過去のサラ金の印象から「怖い」とする人もまだまだ多いのです。

印象も大事な要素です。企業努力を続けて、少しずつ世の中の印象を変えていくしかないでしょう。しかしながら不思議なのは、アコムです。アコムは、現在は消費者金融ではなく銀行です。厳密に言うと、新生銀行から売り出されているカードローンの商品名です。新生銀行系の消費者金融ではありません。なぜに現在もかつての怖い印象の残る言葉を使うのか、理解に苦しみます。

なお、アコムの最大のライバルとされるプロミスは消費者金融です。ただし、三井住友の子会社なので、かなり銀行臭いところがあります。ともに、過去の遺産を背負いながら、健全な印象を植え付けるべく、一生懸命企業努力をしている姿があります。消費者金融は、マイナスからスタートしています。その努力が続くならば、いずれは銀行や郵便局もライバルとなってくるのではないでしょうか。(参考ページはこちら→今のプロミスの体制について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.