プロミスの提出書類は源泉徴収のほうが借り

キャッシングベスト3

プロミスの提出書類は源泉徴収のほうが借りやすいの

プロミスでお金を借りたいなって思ってます。次の給料日まで本当にお金が無い状態で日々の生活にも若干困っている状態ですので、すぐにでも借りたく、出来れば審査落ちは絶対にしたくありません。プロミスの提出書類は源泉徴収があったほうが借りやすいのでしょうか?

中には源泉徴収や給与明細等が無くても審査に通ったという人が結構いて悩んでいます。そんなに消費者金融によって違いがあるのかと思ってどこに申し込んだら良いのか正直悩みます…。ただやっぱり安心感を考えて、大手である会社に申し込みをしたいと思っています。どなたか詳しい方がおられましたら教えて下さい。(参考ページはこちら→大手消費者金融が安心出来る理由

源泉徴収書は強みです

プロミスに限らず、源泉徴収を出せるというのは大きな強みになることは間違いありません。中にはやっぱり収入関連の書類を出せない人も結構います。働いていても源泉徴収書や給与明細が無い人もいるので、それを考えるとやっぱり源泉徴収を出せるというのは貴方にとって大きな味方となってくれますし、信用度が全く変わってきます。ただ、プロミスも50万円までの借り入れで済むのならば原則として源泉徴収等はいらなかったはずです。

ただし、それ以上の金額の借り入れ希望の場合は、プロミス側が要求する書類を揃えて提出なり、メール添付なりしなければならなかったはずですよ。ケースによって50万円以下の借り入れであっても源泉徴収を要求される可能性もありますので、その辺りは個人差があると思いますのでなんとも言えません。取り敢えず、それらの必要書類をしっかりと揃えることが出来るのであれば比較的、審査は通りやすいと言えるでしょう。ただ、確約は出来ません。それらの書類を揃える事が出来たとしても、信用情報を開示した時に審査にひっかかるような内容がその人物にあれば、当然、借り入れは困難となります。こればかりは一度申し込んでみないとなんとも言えません。

【参考ページ】
速攻でプロミスからお金を借りる為の条件

プロミスは源泉徴収のほうが審査時間がはやい

プロミスのカードローン申込みは、収入証明書が必要な場合に源泉徴収のほうが審査時間は早いです。

審査で収入証明書が必要なケースですが、限度額が50万円を超える場合または他社での利用残高と合わせて100万円以上の債務になる場合に提出が義務付けられます。収入証明書として採用される書類には、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、所得証明書、納税証明書などになります。いずれも最新年度分が必要です。給与明細の場合は、最新2ヶ月分を提出します。会社員の方の場合だと、給与明細書を提出するよりも源泉徴収票を提出したほうが審査は早いです。給与明細書の場合だと、最新2ヶ月分必要になります。

インターネットで写真撮影して提出する場合は、撮影した給与明細書1枚に、会社名、自分の氏名、支給年、支給月が必ず記載されていなければなりません。額面だけ記載されているものを送信しても、不採用ですので、会社名、氏名が記載されている欄も撮影して送る必要があります。給与明細をもとに年収が計算されます。2ヶ月の月収の平均×12か月で年収が採用されます。最新2ヶ月分なので、現在6月であれば4月と5月分が最新分です。3月5月分を持っていくと5月分は採用されますが、3月は最新ではないので4月をもってきてくださいということになります。(参考ページはこちら→撮影だけで簡単にプロミスに申し込めるようになる方法

カードローン会社によっては、給与明細書1枚でもOKという会社があります。住民税が記載されていることが条件で、住民税から逆算して年収が計算されます。また、ボーナスが支給されている方は賞与明細も提出します。賞与明細はなくても審査されますが、それだとボーナス分は除外された年収での審査となりますので、限度額が当然年収が低ければ抑えられます。このように給与明細だと、提出枚数も多くて時間がかかってしまいます。源泉徴収票であれば、1枚で所得金額が分かりますので、時間もかかりません。給与明細よりも源泉徴収のほうが弱冠ですが審査時間の短縮になります。
(⇒急ぎの融資ならこちらもチェック

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.