プロミスで嘘ついたら審査に落ちるか

キャッシングベスト3

プロミスで嘘ついたらやっぱり審査に落ちますか

20代の男です。職業はアルバイト、いわゆるフリーターです。一人暮らしのため、アルバイトの給料で家賃から生活費までを賄っているのですが、今月やむを得ない事情でそこまで働けませんでした。おかげで、来月が苦しい状況です。

これまでもそういうことがあったので、そのときの繋ぎのために、プロミスでキャッシングの契約をしたいと考えています。しかし、ネックになるのはアルバイトの収入が低いことです。収入で落ちるのは嫌なのですが、ちょっと給料を盛って申請をしても大丈夫でしょうか?

プロミスで嘘ついたらやっぱり審査に落ちますか?

嘘がバレたら絶対に審査には落ちる!

声を大にしていいますが、プロミスだけでなく消費者金融の申し込みで嘘をついたら確実に審査に落ちます。アルバイトだと雇用形態の不安はもちろん、収入が低いことが心配なのはわかります。しかし、だからといって嘘の申請をすることは得策ではありません。

プロミスでは一応希望借入金額が50万円以上を超える利用者、又は他社での利用残高が合計100万円を超える利用者の方に収入証明書の提出を義務付けています。つまり、他社で借りてなくて希望金額が50万円以下であれば、収入証明書の提出が必要ない可能性も考えられます。そうなると多少の給料の嘘をついたとこで問題ないと思われるかもしれません。もしかしたら、特に問題なく審査に通って契約できるかもしれません。しかし、それはあまりにもリスクが高いものです。

もし予想と異なって収入証明書が必要だったらどうしましょう。その時点で審査に落ちます。二度とプロミスからは借入ができない可能性も出てきます。審査では、申込者が返済をしてくれる信頼できる人かどうかを判断します。当たり前ですが、申請書と収入証明書の金額が異なっていて、嘘を吐いているとバレたら信頼なんてしてもらえるわけがありませんよね。なので審査に通るためにも嘘をつくことは一番してはいけないことです。

また、審査では申請書の確認や在籍確認、個人信用情報での他社での借入やこれまでの借入履歴などがチェックされるので、不利な情報を隠そうとしてもバレる可能性の方が高いと思ってください。

さて、ご質問者様はアルバイトで収入が低いから審査に落ちるのではないかと不安なのですよね。プロミスではアルバイト・パートでも安定した収入が認められればキャッシングすることができます。利用対象者のところにもそれは明記されているので、アルバイトだから審査に通らないということはないので安心してください。

ただ、アルバイトということが影響することは確かにあります。それが利用限度額です。アルバイトということで、正社員に比べて利用限度額の設定が低くなる可能性は考えられます。なぜなら総量規制という決まりに則り、年収の3分の1以上の貸付がプロミスはできないからです。収入が低いアルバイトだと総量規制に引っかかったり、収入の低さと雇用形態によって返済できるとプロミスが判断した金額が低い可能性があるのです。

こうしたアルバイトゆえに不利な面は確かにありますが、審査に絶対落ちるということはないので、正しい情報で申請してください。すでに言いましたが、嘘がバレたら審査には確実に落ちます。嘘をつかないようにしましょう。

プロミス嘘をつかないように、審査の際は注意が必要

プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融会社で、知名度もありとても人気があります。

消費者金融のキャッシングは会社ごとに、それぞれの審査が行われるので審査基準が異なります。プロミスからお金を借り入れることができる申し込みの条件は、年齢が20歳~69歳までの契約を行う本人の継続的な安定収入のある方ということになっています。一定の継続的な収入を見込める方であればアルバイトや主婦、学生、自営業者でもキャッシングの申し込みをすることができるようになっています。レディースコールを使えば、女性の方でも気軽に申し込みが行えて便利です

プロミスの審査ではコンピューターを使用して申し込みを行う人の属性をスコアリングするシステムを導入しており、自動審査が行われますので一貫性のある判断が行われます。年収や勤務状況、勤務先、勤務年数、年齢などの項目で判断され借入れの審査が行われます。契約を行う者の信用情報については非常に大切なものとなり、他の消費者金融からの借入れ状況についても調査されます。多数の会社から借入れを行っていて借入れ残高が多く返済可能かどうかわからない場合や、過去の借入れ時において返済期日に滞納なく返済が行われているかどうか、自己破産や債務整理などが行われていないかどうかについての情報によって、審査が通るかどうかに影響があります。審査の過程や重要な情報について、プロミス嘘をつかないように気を付けて申し込みを行うようにしましょう。

キャッシングの申し込みをする際は、単純なミスでも審査が通らない場合があります。単純なミスであっても、貸し出しを行う会社であるプロミス嘘と判断されてしまう可能性があり、そうなると信用が下がってしまう結果になるので注意しましょう。借入れの申し込みをする前に、他の金融業者からの借入れ、年収、生年月日の3つの項目だけで融資が可能かどうかのお借入れ診断を受けることができるので利用することをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.