元利均等プロミスの返済方式はどういう内容

キャッシングベスト3

元利均等プロミスの返済方式はどういう内容ですか

プロミスの返済方式に残高スライド元利定額返済方式とありますが、元利均等プロミスの返済方式はどういう内容ですか

元の返済額と利息が返済年月よって一定額になる返済方式です

元利均等プロミスの返済方式に関しては、一番分かりやすいのが返済シミュレーションでお借入額を固定して、ご返済期間をいろいろ入れてみて返済額の詳細をみてみると納得できると思います。毎月の返済額はいつも同じ=定額です。また、ご返済額を先に決めて(定額にして)シミュレーションしても同じです。結果は返済額の元金の部分の割合が月を追うごとに増えていき、利息分が減っていくようになっています。この返済方式は毎月返済額が定額なので、返済しやすいという面がメリットです。

プロミスにはないですが、この他に元金均等返済という返済方式があります。こちらは、毎月の元金の返済額は定額です。利息部分は変化していく元金残高に年利を加えて計算し合算します。元金の返済額が一定であることにより初めのころの負担が重く感じられる方もいらっしゃるようです。と、さまざまな返済方式があるのですが、沢山のシミュレーションをしてみれば目で見て納得がいくでしょう。
(⇒その他の融資シミュレーションについて

現在、本当に手元にあまりお金がないという方には適した返済方法です。分割で少額ずつ返していくのにとても適しています。初めからある程度の額はしっかりと払っていける場合は元金均等返済の方がお得な場合もあるのですが、突発的にお金が必要になるパターンがよくあるケースだと思いますので、プロミスのような返済方法があると助かりますね。

元利均等プロミスは返済しやすいことが特徴!

元利均等プロミスは返済しやすいことが特徴です。お金を返済していく中で利息を支払うことになりますが、プロミスでは元利均等が採用されています。この元利均等方式というのは住宅ローンでよく見る返済方式であり、毎月の返済額を一定にして支払いをすることができるという内容です。

元利均等プロミスでは毎月の返済において、一定の金額を設定して返済を続けることができるので自分に合った返済計画を立てやすいと言えます。一定の金額というのは利息を含めた金額です。メリットとしては低額の返済を継続しやすいので、収入が厳しい時でも低額の定額返済をしやすいと言えます。

逆にデメリットとしては元利均等プロミスは返済計画によっては少額で返済できますが、中々元金が減らないということがあります。例えば、利息は大きなお金を借りるほど高くなりますが、一定の金額を返済するときに利息の割合が高くなると、返済額の大半を利息の支払いでとられてしまうので、返済日を終えても元金があまり減っていないということが良くあります。

元利均等プロミスで返済をするときは上記のようにメリットとデメリットをしっかりと把握しておくことが大事です。返済のコツとしては、自分で返済内容を毎月変更することができるので、収入に余裕があるときは返済額を大きくすること、そして収入が厳しいときは少額の支払いにしておき返済が遅れないことに注意をすることです。

また元利均等プロミスの返済をするときに任意返済をうまく活用することも良い方法です。基本的にはプロミスの返済日にしっかりと返済を行いますが、それ以外としても任意でいつでも返済をすることが出来ます。少額の支払いで返済日を終えてからまだお金に余裕があるときは任意返済を活用していくことでしっかりと元金を減らすことが出来ます。元利均等はメリットもデメリットもありますが、計画次第では自分のマイペースに返済をすることができるので、しっかりと返済計画を立てると良いです。

【参考ページ】
プロミスの返済が長引いてしまう原因の一つ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.