借りやすいサラ金は審査が甘くて柔軟です

キャッシングベスト3

借りやすいサラ金を探しています。そんなサラ金を教えて!

契約社員歴7年目の30代の男性です。銀行やサラ金をたまに利用しています。ところで借りやすいサラ金ってあるのでしょうか?

最近、銀行や大手のサラ金の審査で落とされることがあるのでちょっと焦っているのです。でも、返済はきちんとしています。それでは質問に対する答えをよろしくお願いします。

借りやすいサラ金は審査が甘くて柔軟です!

借りやすいサラ金はあります。たとえば、銀行の審査よりもサラ金の審査の方が一般的に甘いと言われているので、銀行に比べればサラ金は概して借りやすいと言ってよいのです。

また、大手のサラ金よりも中小のサラ金の方がさらに審査が甘めで、審査がより柔軟に富んでいます。では、借りやすいサラ金の条件について具体的に見ていきます。

たとえば、すでに複数社からの借入れがあったり、他社からまとまった借金があっても審査に申し込めて審査に通してくれる場合もあるサラ金は借りやすいのです。

なぜなら、銀行や大手消費者金融では複数社からの借入れがあったり他社から多額の融資をすでに受けているような場合は、まず審査に通るのは厳しいからです。

また、パートやアルバイト、契約社員や日雇い派遣といった働き方それ自体が審査に影響しないサラ金は借りやすいと言えます。銀行や大手消費者金融の審査では、契約社員や日雇い派遣よりも正社員の方が有利に働く場合があるからです。

その点を考えれば、働き方が審査に影響しない分、借りやすいと言えないでしょうか。加えて、勤続年数の長短が問われない審査をしているサラ金は借りやすいです。

銀行の審査では、勤続年数が長ければ長いほど審査で有利になると考えられます。なぜなら、銀行の審査では信用と信頼関係をとりわけ重視するからなのです。

それゆえ、勤続年数が長いほど継続した安定収入が見込めることで、勤続年数が少ない方よりも信用と信頼性が高いと見做すからです。さらに言えば、過去に金融事故を起こして信用情報にブラックが付いたことがあっても“過去不問”で審査に応じてくれて、場合によっては審査にも通してくれるサラ金は、かなり借りやすいと言ってよいでしょう。

ただし、過去不問であっても、現在において返済を遅延していたり滞納している場合は審査に通してくれませんから注意して下さい。以上の点を総括して言うと、借りやすいサラ金とは、申込者に門戸を広く開いており、審査が柔軟で甘めなことです。

しかし、審査の無原則な甘さや誰でもOKと標榜しているようなサラ金は、借りやすいサラ金以前の問題があると言えます。それは、そのようなサラ金には闇金まがいの会社が多いからなのです。

それゆえ、単に借りやすいという理由だけですぐに飛びつくのは危険と考えて下さい。借りやすくて正規のサラ金が本当の意味での「借りやすいサラ金」なのです。

借りやすいサラ金!返す時も返しやすいのかな?

50代の男性が一人暮らしをしています。妻は、腎臓病で人工透析を受けていました。それが、数年前に亡くなりました。この人は、辛い日々を過ごしました。憂さ晴らしにギャンブルに通うようになりました。お金が少なくなると、サラ金を利用するようになりました。貸付を断られることも多くなり、借りやすいサラ金を探しています。

まず、サラ金とは、どういうものでしょうか。サラリーマン金融の略です。金融機関のうち、個人に無担保、無保証で、少額の資金を貸し出すものです。当初は、サラリーマンの利用者が多くて、この名前が付いたようです。無担保とは、担保を差し出す必要がないと言うことです。無保証とは、保証人を付けなくてもいいと言うことです。その後、OLや主婦が増えて、現在では、消費者金融という呼び名に変わったようです。

次に、消費者金融の利用者は、自分の個人情報の取り扱いに同意します。貸付の手続きは、一般的に、借入申込、貸付審査、貸付決定、借入契約、カード発行、借入、返済という流れになっています。借入契約の時、利用者は、その消費者金融の会社の会員になります。
会員規約を守ることになります。会社は、利用者の個人情報、契約内容、返済状況などを、信用情報機関に送ります。信用情報機関は、その内容を数年間登録します。

消費者金融の会社は、利用者から借入申込があると、貸付審査を行います。その段階で、
信用情報機関にその人の情報を照会して、回答をもらいます。どこの会社も、同じことをしているようです。オンラインでつながっています。返済能力の調査のために、登録された内容を利用します。その人がどこで、いくら借りて、いつ、いくら返したか、その情報が分かります。この時に、返済金の延滞の情報などがあると、貸付を検討したり、断ったりすることがあるようです。

過去の記録が原因で、貸付を断られた人は、この会社は借りにくい、と感じることになります。もっと借りやすいサラ金はないかな、と考え始めます。実は、借りにくい原因は、会社でなく自分にあったということになります。借りやすさとは、貸付の手続きが簡単で早い、という意味もあるでしょう。貸付を断られることがあまりない、という意味もあるでしょう。また、両方の意味もあるでしょう。

実際には、借りやすさだけでなく、返しやすさも注目した方が良さそうです。あるサラ金が、他のサラ金より借りやすいとすれば、何か理由があるはずです。その業者は、通常に比べて、貸付金利が高いかもしれません。もし延滞した場合、取り立てが厳しいかもしれません。さらに、貸金業法に規定する登録を受けていないかもしれません。無登録なら、行政の指導や監督が及びませんから、借金の返済は、色々と苦労することになるかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.