プロミスの審査時間は長い?2時間はかかりますか?

いきなり聞いてしまってすみませんが、プロミスの審査時間って長いですか?2時間はかかってしまうのでしょうか…。

2時間というのは例えではありますが、最近のカードローン審査ってとても早くなっているのですよね?私も平日は忙しく仕事をしているので早いのは助かるのですが、休憩時間を使って申し込んだとして、どれくらいで結果が出るのかが気になります。急ぎで借りたいし、出来れば休憩時間内で終わって欲しいという事も考えれば、上手く外回りなどの時間をやりくりしても先ほどお伝えした時間くらいしかありません。

それなのに申し込もうとしているプロミスに時間がかかってしまうとなると、困ります。どれくらい時間がかかるか、目安程度でも良いので教えてもらえたらと思います。

それくらいの時間でも大丈夫ですが余裕は欲しいです

2時間か…それが結果が出るまでか、もしくはお金を引き出すかのどちらかにもよるね。もしも結果が出るまでに2時間程度というのなら、それは無理というわけでは無いね。申し込んで通過するか落ちるかが分かるまでというのは、プロミスで専用端末を使って申し込んだりネット経由の申し込みだと、実際に数時間で結果が判明したという意見がある。2時間で結果が全て分かるというのは意外と現実的ってわけだ。(参考ページはこちら→プロミスを早く使えるようになる運用方法

しかし、お金を実際に借りるまでとなると、2時間では心許ないだろう。2時間というのは結果を出すのに十分であっても、即日融資としてその日にお金を借りるというのなら、振込などの手間もある。さらにカードをその日に受け取りたいならプロミスの支店まで出向く必要があることから、お金を手にするまでで2時間というのは、厳しいだろうね。キミは仕事でも忙しいみたいだから余計にそうなるだろう。

だから、2時間でも可能というのは覚えていても、出来ればもう少し余裕が欲しいところではあるね。即日融資というのにしたってその日のうちに融資を行うのであって、2時間以内に融資する事を確約するものでは無い。プロミスに電話で問い合わせてみても、さすがに時間までは完全には保証してくれない。それにキミの申し込み状況に問題が見つかればそれが原因で遅れるし、プロミスだけに時間的な責任があるわけでもない。

だから、2時間ではなくその日のうちに借りられればOKというくらいに予定を立てて、余裕がある状態にてお金を借りれるようにしてみよう。夜中に申し込んで翌日早いうちに返事をもらうという方法もあるしね。

長い審査時間とは無縁。プロミスなら2時間で融資可能です

個人レベルでの資産運用が活況を呈しています。マクロ的な視点ではグローバル経済による競争が進んだこと、ミクロ的な視点では景気の好循環が中小企業まで落ちてこないことなどが要因として挙げられます。もはや資産は労働の対価ではなく、運用すべき対象となってきたのです。

資産運用を成功させるにはいくつかのポイントがあります。一つは資産を投資に回すことです。ほとんどの日本人は資産を消費か貯金に回しています。資産を投資にあて、回収するという発想はなかなか醸成されていません。投資と言っても株式や証券、不動産にあてるだけではありません。自己研鑽も立派な投資の一つです。大切なことは資産を投資に回すという発想の転換なのです。

資産運用を成功させるもう一つのポイントは時間を短縮することです。箪笥貯金で資産が増えていかないことは自明の理ですが、ほとんどの金融商品に今や金利は付きません。いかに早く運用を始め、先述した投資に資産を回せるかが重要なポイントなのです。

問題は初期投資です。資産運用を一度は考えるも、多くの投資家が挫折するのは初期投資を準備できないケースがほとんどなのです。しかし、現代ではその初期投資を担ってくれる金融商品が増えてきました。最大手の一つが誰もが知っているプロミスの金融商品です。

プロミスの最大の特徴は審査時間が早いことです。事前審査には2時間もあればほとんどのケースで融資が可能となります。長い場合でも一週間程度あれば十分に融資にたどり着けます。繰り返しますが時間の短縮が資産運用の成功のポイントです。審査時間が短く済むことは多くのメリットを生んでくれるのです。

キャッシング等の金融商品にデメリットを感じる方もいるかもしれません。しかしプロミスのような大手金融機関はコンプライアンスの遵守が他の業種に比べ格段に高く求められます。むしろローリスクと言っても過言ではありません。(参考ページはこちら→プロミスが安心できる理由を解説

プロミスを積極的に活用し、資産運用を始めることをお勧めします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.