プロミスで借りたら他のローンは組めない?

独身男性です。自営業をやっている実家が資金繰りに困っていたのでがんばって援助したら、今度はこちらが困ってしまいました。近々大きな支払いがあるので、プロミスで借りようかと思っています。消費者金融で借りるのは初めてなので、いろいろと不安です。キャッシングをすると他のローンが組めないというような噂を聞きました。本当なのでしょうか?借りなければ困るものの、将来的なことを考えるとやめた方がいいのかと悩んでいます。

滞納せずに完済した後なら問題ありません

他のローンというのはきっと、住宅ローンとか車のローンのことですよね。それらは審査が厳しいので、確かにキャッシングをしていると不利な傾向にはあるようです。ただし「キャッシングをしたことがある」程度では問題になりませんので、それほど心配されることはないと思いますよ。心配するなら「将来ローンが組めるか」よりも「借りたお金を返せるか」を心配なさってください。(参考ページはこちら→お金を返せない事が危険視される理由

他のローンの審査で問題視されるのは、過去に滞納したことがあるとか、返済額が増えすぎるとかです。滞納が問題視されるのはわかりますよね。きちんと返してもらえないなら、誰だってお金を貸したいと思いません。滞納すれば信用がなくなります。住宅ローンどころかキャッシングだって貸してもらえなくなるでしょう。滞納するとその情報が5年ほど残ります。その間はおそらくどこからも借りづらくなりますので、とにかく返済はしっかりなさってください。

またキャッシングが残っている状態で他のローンを組んだら、毎月の返済が大変ですよね。やはり、約束通り返してもらえるか不安になりますから、貸す方は躊躇します。結果として、キャッシングをしていると他のローンが組みづらい、という状況になります。この対策は簡単です。キャッシングの返済が済むまで家や車を買わなければいいんです。返済が終わっていて滞納もないなら、過去のキャッシング歴は関係ありません。安心できたでしょうか。

【参考ページ】
自営業はプロミスから融資を受ける事が出来るの?

プロミスのローンを組めない人の共通点とは

緊急でお金が必要な時にローンを組めないで困ったという経験をした方は少なくないです。ローンを扱っている消費者金融は多数存在しますが、比較的審査に通りやすいプロミスでも審査が通らない人がいます。プロミスで審査が通らない人の共通点を説明します。
(⇒緊急時に頼れるプロミス

まず、プロミスは消費者金融と呼ばれる金融機関なので総量規制があることを理解する必要があります。総量規制とは借り入れる本人の年収の3分の1を超えた貸し付けはできない法律です。既に他社でいくつか借り入れをしている人が、新たに申し込みを行う際に総量規制を超える額になると審査に落ちます。審査に落ちてしまった人は他社との借り入れ総額と年収を1度確認する必要があります。

次に、審査の中で返済能力の有無を判断された結果落ちる場合があります。審査基準には勤続年数や年収、家族構成、居住年数、他社での借り入れ状況など様々有ります。この審査基準を総合して返済能力が有るかどうか判断されます。例えば勤続年数が短く、安定した収入が無い人であれば審査の通過は難しくなります。一概に勤続年数が短いと審査に通れないわけではなく、家賃収入など毎月安定した収入があれば勤続年数が短くても審査に通ります。
(⇒主な融資基準について

逆に言えば毎月安定した収入が見込めない人はローンを組めない可能性が高くなります。全く収入が無い状態で申し込みを行った人で審査に落ちたのであれば、正規社員でなくても申し込みできるのでアルバイトやパートなどに就いて安定した収入を得る必要があります。

他社での借り入れが有り返済状況があまり良くない人は、金融機関の間で信用情報機関を通して情報が共有されているという認識が必要です。他社での借り入れ状況などは信用情報機関に情報が登録されており、プロミスで申し込みをした時にこの情報が参照されます。返済状況に問題があると判断されれば審査の通過はできなくなります。

以上の共通点を理解した上で、現在の自分の状況と照らし合わせて改善点があれば直す必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.