ブラックでもOKの消費者金融はあります

キャッシングベスト3

ブラックでもOKの消費者金融って存在するのですか?

30歳の会社員です。実は過去に金融事故を起こして信用情報にブラックとして登録されました。まだ5年くらいしか経っていないと思います。

ところでブラックでもOKの消費者金融ってあるのでしょうか?

ブラックでもOKの消費者金融はあるんです!

ブラックでもOKの消費者金融は実際にあります。だから安心して下さいね。ブラックになってしまうような人は、返済の遅延を何回も繰り返したり滞納したり、また自己破産や任意整理、代位弁済を経験した方です。

そのような金融事故を起こすと、信用情報機関に事故情報として扱われることでブラックに登録されるのです。そして、返済の遅延・滞納等でブラックになってしまった場合は5年~10年、自己破産等の債務整理でブラックなったケースでは7年~10年経てばブラックが抹消されると一般的に言われています。

が、これはあくまでも推測であり、また信用情報機関によってその期間はまちまちなのが実状のようです。そして、一度ブラックになってしまうと殆どの金融機関で融資を断られます。

あなたの場合はまだ5年くらいと言うことなので、信用情報機関でブラックが抹消されたかどうか微妙な線と言えますね。銀行や銀行系の大手消費者金融では、まず融資をしてくれないと考えた方が賢明でしょう。

それゆえ、狙い目は中小の専業消費者金融となります。実際に中小の専業消費者金融では「ブラックでもOK!」と謳っているところが少なくないのです。

また、過去に金融事故を起こしてブラックとなっても“過去不問”で審査に申し込めて審査に通してくれるところもあります。加えて、多くの方が“ブラックOKイコール闇金”と連想してしまいがちですが、きちんとした正規の消費者金融でもブラックOKのところはあるのです。

その一方で、ブラックでもOKの消費者金融の審査では過去の失態は問われませんが、現在についてはきちんと審査されると考えた方がよいでしょう。たとえば、過去にブラックであり、現在も複数社から多額の借入れがあるような場合には、いかにブラックOK!であっても審査に落ちると考えた方がよいでしょう。

つまり、ブラックでもOKの消費者金融の審査は、過去に甘く、現在についてはやや厳しいと考えて申し込むことが大切と思われるのです。そのことから過去も現在も審査で問われる銀行や大手消費者金融に比べれば、ブラックOK!の消費者金融の審査は甘めと言えるかもしれませんね。

ただ、無原則な甘さと考えたら絶対にお金を借りることはできないと思います。また、ブラックでもOKで無原則な審査で簡単に融資してくれるような消費者金融は、闇金まがいの会社と考えた方が賢明でしょう。

さらに言えば、ブラックでもOKの消費者金融の審査は、会社によって様々なのです。

自己破産してブラックになったけど免責が決まっていれば申し込みはOKであったり、過去の債務整理はOKだが現在進行中の債務整理の方はNG、また逆に現在債務整理中の方でもOKといったように様々なので、ブラックでもOK!の消費者金融に申し込む際には、自分で申し込み条件等を確かめることをお勧めします。

ブラックokの消費者金融なんてあるの?立てたい返済計画!

多重債務者と言われる人が、1人います。あちこちの消費者金融から借入をして、それが返済できずにいる人たちです。この人たちは、生活の必要があって、あるいは今持っている借金を返そうとして、どこか新しい消費者金融を探しています。ブラックokという広告を、どこかで見つけました。ブラックでも大丈夫と言うことです。あちこちから断られ、返すことも借りることもできずにいました。

まず、消費者金融というのは、どんなものでしょうか。個人が、小口の融資を、金融機関から受けるものです。歴史的に見ると、バブル経済が崩壊してから流行りだしたようです。景気が悪化して、少額の金銭を、無担保、無保証で借りられる点が、利用客を集めたようです。しかし、高金利で貸し付けたり、取り立てを厳しくする業者が増えました。そのため、一部の利用者は返済に困り、自殺や犯罪に走りました。社会問題に発展して、行政が動いて、関連の法律が改正されました。

その後は確かに、当座しのぎに、消費者金融は、一部の人々の生活に役立っているようです。借金地獄と呼ばれるような現象は、沈静化したようです。しかし、借金を借り過ぎたり、返すのが遅れたりする人は、依然として後を絶ちません。そういう人たちは、消費者金融の会社は、貸付を見送ります。借入申込を受けても、これまでの借入や返済の経歴を調べます。貸すことはできないと判断すると、貸付を見送ります。

貸付を断られた人たちは、自分たちは会社のブラックリストに載っているのだろう、と考えます。このような一覧表は、実際にはないようです。しかし、手続き上は、それと同じようなコンピューター上の情報が利用されています。ブラックという言葉は、利用者の一部を中心に、引け目を感じながら、使われている言葉のようです。そのような状況で、ある業者が、ブラックokと言ってきます。利用者は、渡りに船、と言うことになります。それとも、少し不安な気持ちになるかもしれません。

しかし、業者の方はどうでしょうか。困っている人を、慈善事業で助けるのでしょうか。というよりも、返ってくる当てのないお金を貸し付けるだけの、何らかの余裕や見通しがあるのかもしれません。金利を高く設定するとか、強引な取り立てを後で行うとか、色々と考えられます。そのような行為は、貸金業法という法律では規制されています。消費者金融のほとんどは、貸金業法の登録を受けています。そうでなければ、違法の業者になります。

多くの借金を抱える人は、さらに借金をふやすべきではないでしょう。とにかく、今ある借金を減らすには、どうしたらいいかを考えた方が賢明です。市区町村の消費者生活センターや、司法書士、弁護士などに相談に行くのが、1つの解決策です。恥ずかしいとか、面倒くさいとか、そういう気持ちは考え直した方がいいでしょう。今のままでは、状況は悪くなっても、良くはならない可能性があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.