年収の3分の1を計算してローンは組むの?

キャッシングベスト3

きちんと年収の3分の1までを計算してローンは組まないとダメ?

彼女と旅行に行くので、お金が必要なんです。ローンを組むときって、年収の3分の1までを計算して組まないとダメな感じなんでしょうか?年収の3分の1までと書いてあったので、ちょっと気になってます。

ローンは銀行系なら年収の3分の1までを計算しなくても大丈夫ですよ

消費者金融系でお金を借りるときは、年収の3分の1までしか借りられませんので、きちんと計算して借りる必要があります。嘘の申告などをしても、すべてバレてしまうので本当の事を申告しなければなりません。銀行系の場合には、年収の3分の1までしか借りられないと言う総量規制は銀行には適用されてないので、年収の3分の1以上借りる事ができるのです。その為、年収の3分の1までと計算をしなくても、借りる事が可能になってきます。

既に消費者金融などで年収の3分の1まで借りてしまった人の場合でも、おまとめローンなどを利用する事によって、返済がとても楽になったりします。と言うのも、銀行系の場合には、消費者金融系よりも金利がやすい所が多かったりします。金利の低い所でローンをまとめる事によって、今まで返済してた金利分の差額が浮く事になる為です。また、返済もとても楽になりますし、利用可能額も増えて、生活の立て直しを図る事もできるようになります。

もし、既に年収の3分の1近くまで借りてしまってる場合でしたら、銀行系のローンでおまとめローンなどを利用してみてはいかがでしょうか。かなり支払いが楽になるはずです。ただし、注意しなければならないのが、返済が楽になったからと言って、借金がなくなった訳では無いので、余裕が出ても今までどおりきちんと返済していくと言う強い意志が必要になってきます。その点に注意すれば、年収の3分の1までを計算しなくて済みますし、返済も楽になりますし、良い事づくしなのでは無いでしょうか。

住宅ローンはいくらまで?年収からローン金額を計算しよう

結婚して子供ができると次の目標はマイホームを購入することです。通常、マイホームを一括で購入できるのはごく限られた人で、大半は住宅ローンを組むことになります。マイホーム購入が現実味を帯びてくるとみなさんいろいろと住宅ローンについて調べたりするようですが、よくある質問が住宅ローンっていくらまで借りることができるのですかという内容です。実際にはいくらまで借りることができるというよりは、いくらまで返済できるかということを考えてください。その際にベースになるのが年収です。個人の年収によって住宅ローンをいくらまで借入できるかということが決まってくるのです。

負担率ってなに?
金融機関の住宅ローン審査では年間の返済額が年収に占める割合を基準に借入額を計算します。これを負担率といいます。通常、年収が500万円以下の場合は負担率は20%から25%が好ましいと言われています。これ以上になると生活を圧迫する恐れがあります。年収が多い場合でも30%程度に抑えるのがいいでしょう。住宅ローンとは数10年という長い年月をかけて支払っていくものです。10年後も今と同じ年収があるとは限りません。負担率を高くすると返済が困難になり、家を失うリスクが高まります。

負担率のことは理解したけれど実際に自分がいくら借入できるか知りたい場合は金融機関のホームページで行っている返済シュミレーションなどを活用してみるといいでしょう。金利や年収などの必要事項を入力するとおおよその金額を計算してくれます。たとえば年収が500万円で負担率25場合、(年収500万円×負担率25%)÷12=という数式にあてはめてみましょう。毎月の返済金額は約104100円となります。

ただし、注意しなければならないのは家を購入する場合、ローン以外にも固定資産税などの諸費用がかかるということです。現在の賃貸住宅の家賃が毎月10万円だからローンも毎月10万円までなら大丈夫という人もいますが、それは間違いです。前述の税金のほかにもローンを組む際に金融機関に支払う手数料なども発生します。また子供が小さい場合はこれから教育費や食費などが増える可能性が高いです。住宅ローンを組む際にはファイナンシャルプランナーにマネープランに関するアドバイスをしてもらいましょう。

住宅は大きな買い物です。きちんとした人生設計のもとで住宅ローンを組むようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.