理由がある借り入れじゃないとプロミスは

キャッシングベスト3

理由がある借り入れじゃないとプロミスは貸してくれないの

お金を貸してくれる消費者金融を探しています。出来れば審査が簡単な所で即日融資が希望なのです。ただ、借りる理由が自分が色々とお金を使ってしまったために必要なお金が無くなってしまったって事なんです…。つまりは散財してしまったからお金が無いわけなんですが、無駄遣いとみなされてしまい、お金を貸してくれないんじゃないかとじゃないかと思ってしまって、正直、申し込むのが不安です。理由がある借り入れじゃないとプロミスは貸してくれないのでしょうか?何に利用すのか理由を色々と聞かれてしまうのでしょうか?
(⇒即日融資も可能で簡単審査と言えば?

特に聞かれませんよ

基本的にフリーローンの筈です。つまりは何に利用しようと自由の筈。審査をきちんと受けてそれに可決したのですから、特にこれに利用しなければならないといった決まり事は無いはずです。

例えばデンタルローンやマイカーローンで利用する時はその目的で利用しなければなりませんが、基本的にフリーローンの場合、特にお咎めは無いはずです。僕が契約した時は特に何も聞かれること無く契約しましたよ。中堅どころの消費者金融などは利用目的を書かされたりする場合も結構あるようですが、結局はそれも書類上の話であって、やっぱりフリーローンなので何に使うのかは最終的には契約者の勝手ということになりますよね(笑)(参考ページはこちら→フリーローンはやっぱり用途自由ですか?

ただ、もしかしたら店舗によってちょっと参考程度に聞かれたりする場合もあるのかもしれないので、ネット等で調べてみてください。おそらく大丈夫だとは思いますが…。

プロミスでも理由のある借り入れであれば総量規制を超えられる

カードローンで借り入れをできる金融機関は2種類に大別できます。それは銀行と消費者金融の2つです。(参考ページはこちら→カードローンは銀行と消費者金融でどう違う?

それぞれの大きな違いとしては総量規制があるか無いかになります。まず、総量規制とは借り入れる本人の年収の3分の1を超える金額は借り入れ出来ないという法律です。年収が300万であれば100万までしか利用限度額は設定出来ないということです。もしも借り入れが複数の金融機関にあればその合計で年収の3分の1以内までになります。

しかし、この総量規制には例外や対象外が存在します。まず、銀行のカードローンについては総量規制の対象外です。消費者金融の借り入れで総量規制の例外となる一例を紹介します。

例えばプロミスで理由のある借り入れを行うとします。その理由は既に金融機関で複数社から借り入れを行っていて、借り入れを一本にまとめるとします。複数社での借り入れをまとめるにはおまとめローンが有名です。このおまとめローンを利用するにあたって総量規制を超えてしまっても、顧客に一方的に有利になると判断されれば総量規制の例外となります。その他にも事故で緊急で必要になった医療費や、個人事業者に対する貸し付けは例外です。対象外の内容としては、不動産や自動車購入時の自動車担保の貸し付けなどが該当します。

例えば年収が300万の人で既に100万の借り入れがあるとします。その人が事故にあってしまって50万の医療費が必要になった時に、口座のお金では足りず借り入れが必要になった場合には例外として借り入れが可能になります。

以上の内容が認められればプロミスでもちゃんとした理由のある借り入れということで総量規制を超えて借り入れができます。総量規制の知識はあっても、例外や対象外について理解できていない人は少なからずいます。既に総量規制に近い借り入れを行っていても、例外や対象外の知識があれば緊急の医療費で困った状況に陥っても安心して対処できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.