プロミスで借入復活条件は例えばどんな条件でしょうか

プロミスで借入復活条件は例えばどんな条件でしょうか

限度額いっぱいに借りている場合は返済をしてください

プロミスで借入復活条件というと分かりづらい方もいらっしゃるでしょう。借入枠復活条件ということでよろしいでしょうか?既に借入限度額いっぱいに借りてしまっていると、それ以上は、借りられないということは想像できますよね。この場合は、1度返済をして、借入枠に余裕を持たせれば、再度借入ができます。お金が必要だから借りているのに、と思われるかもしれませんが借入限度額とはそういうためのものです。

もう1つ考えられるケースとして、所得証明を提出していない場合、そういうことがありえるようです。貸金業者は利用者の年収の1/3を超える貸金をしてはならないという総量規制が制定されるまえに、申し込みをしていて総量規制施行後に利用者によっては所得証明が必要になる場合があり、貸金業者は通達しているのですが、それを利用者側が、スルーしてしまっていてしばらくぶりにカードを使用したところ、借入限度額がゼロになってしまっていることがあるそうです。

この場合、借入枠復活条件としてはプロミスに連絡を取って、必要な書類や情報を提出します。そうするとあなたの現在の年収などの情報をもとに改めて借入枠を設定してもらえます。少し手間に感じるかもしれませんが、正しい情報をプロミス側に更新しておけば、これからのお付き合いにプラスになりますし、是非、確認してみてください。

【参考ページ】
プロミスカードローンの基本的な使い方

人気のプロミスで借入復活条件する方法とは?

今や日本人は1200万人もの人間がキャッシングやカードローンを活用しています。やはり簡単に借り入れができて、使い勝手が良いので誰もがカードローンを利用したいのでしょう。しかしカードローンにも問題はあります。それはあまりに簡単に借り入れをすることができるので、利用目的や返済計画も考えずにどんどん借り入れを行なってしまい、返済が滞ってしまうケースが多発しています。こうなってしまうと、金融事故として記録されるだけでなくブラックリストに掲載されてしまうわけです。仮にあなたがSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスカードローンで借り入れを行なっていたとして、プロミスで借入復活条件はなんでしょうか。

キャッシングやカードローンに限らず、お金の貸し借りというのは信頼関係で成り立っています。この信頼関係を構築することができなければ絶対にお金は貸してくれませんよね。あなたが返済期日をすぎても返済できないようであれば信頼関係は構築できません。こんな時はどうしたら良いのでしょうか。これは誠意を示すしかありません。

返済期日までにお金の返済をできないとわかった時点ですぐに電話窓口に電話をして返済が遅れる旨の連絡を絶対に行いましょう。そして必ず返済意思がありますよということと、利息だけでもしっかり支払うことをすることによって、あなたにできる最大限の誠意を見せることが大切になります。このような誠意をみせることによって、必ず貸し手側も柔軟に対応してくれるでしょう。結局は人間対人間ですので話せばわかってくれるはずですよ。

いずれにしても、キャッシングやカードローンでは返済遅延が一番やってはいけないことです。このような状況にならないように、借りたお金の利用目的をしっかりと決めておき、毎月いくら返済できるのかを調査しておく必要があります。これは支出と収入のバランスを、しっかりチェックしておけば分かることですよ。(参考ページはこちら→返済に遅れる事で生じるリスク

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.