消費者金融での審査の時間は短いのが一般的

キャッシングベスト3

消費者金融での審査の時間ってどれくらいかかるのでしょうか?

今度初めて消費者金融で融資してもらおうと考えている20代後半の会社員です。実は今度、友人の結婚式に参列することになって、そのお祝い金を消費者金融で借りようと思っているのです。

でも、気になるのは消費者金融でお金を借りるための審査の時間なんです。消費者金融の審査って時間が長いのですか?短いのですか?あまり長いのも嫌だな~って思っていて…

消費者金融の審査の時間はますます短縮化傾向です!

そうですか…ご友人の結婚式のために消費者金融を初めて利用しようと考えているのですね。わかりました。ご質問にお答えしましょう。

消費者金融の審査にかかる時間は、一般的にどんどん短縮されている傾向にあると言ってよいでしょう。消費者金融の審査では、借手の信用能力と返済能力について審査します。

その点に関して消費者金融では信用情報機関に与信を掛けます。そして、この与信を掛けて判断する審査の時間が近年稀に見るほど短縮されているのです。

審査の時間が早いところでは、仮審査が数十秒で終わるなんていうところもあるのです。また、多くの消費者金融のみならず銀行においても仮審査と本審査が最短で30分から40分くらいとなっており、それゆえ即日融資が可能なのは今日では既定の路線と言ってもよいのです。

即日融資が可能と言うことは、言い換えれば、審査の時間は非常に短いということになるのです。一方、申し込み方法によって審査にかかる時間は異なります。

なによりも審査の時間が短く済むのがインターネットからの申し込みでしょうね。ただし、これはあくまでも「審査の時間が短い」ということであって、その後の契約から実際の融資までにかかる時間も短いことを意味しませんので、その点は留意しておいて下さい。

さらに言えば、「WEB完結」というサービスが利用できる消費者金融であれば、申し込みから審査、契約から実際の融資まですべてをネット上で完結できて来店も不要なので、審査から実際の融資までの時間を考えるのであれば、「WEB完結」ならかなり時間が短くて済むと言えるかもしれません。

ただし、例外もあって、とある大手消費者金融ではインターネットからの申し込みよりも電話申し込みの方が審査が早いといった場合もあります。が、一般的にインターネットが審査の時間が一番短いのは事実と言えましょう。

審査の時間も短くて、融資も短い時間で済ませたいのであれば、自動契約機を利用する方法があります。自動契約機を利用すれば、申し込みから審査を経て契約からカードローンが利用できる専用カードの発行までを一度に出来てしまうのでトータルの時間の短さを考えればかなり迅速と言えます。

他方、仮審査の時間は短くても、本審査では時間がかかってしまう場合があります。あなたの場合は、初めて消費者金融を利用するみたいですので、本審査でもそんなに時間はかからないと思いますよ。

本審査で時間がかかるケースとしては、複数社からすでに借入れがあるといったような借手の返済能力に疑問が付いてしまう場合であると考えられます。

とまれ、消費者金融で審査にかかる時間はどんどん短くなっている傾向にあると言って間違いないでしょう。

消費者金融の営業時間!深夜でも返済できるの?

まず最初に、消費者金融とは、どのようなものでしょうか。個人が金融機関から小口の借入を行うものです。そのうち、現金自動支払機を利用するものが、キャッシングやカードローンを呼ばれているようです。借入の手続きは、一般的に、借入申込、貸付審査、貸付決定、借入契約、カード発行、借入、返済という流れになっています。

このうち、借入申込は、会社の店舗なら、窓口でも、無人契約機でもできます。その他に、郵送でも、固定の電話でも、インターネットを利用したパソコン、スマートホン、携帯電話でもできます。消費者金融は、年中24時間、借入も返済も可能の所が多いようです。その大きな理由は、コンビニのATMと提携しているせいです。同じキャッシングでも、銀行の場合は、営業時間の日中だけの所が多いようです。

コンビニとは、コンビニエンスストアの略です。英語から来た言葉で、便利な店、と直訳できます。住宅地、駅前などで食品、日用品を販売する小売店です。大手の流通業者が、アメリカから導入したのが、その始まりのようです。普通のデパートやスーパーマーケットに比べて、年中無休で、長時間の営業に特色があります。24時間営業の店舗が増えています。明るくなっても、暗くなっても、客の出入りがあります。

ATMとは、英語の単語の頭文字を取ったものです。その意味は、現金自動預け払い機です。最近は、現金を引き出すだけの現金自動支払機も含めて、使われているようです。その利点は、1つ目は営業時間の長さになります。2つ目は、手続きの速さにあります。1つ目については、かつて、預金者は閉店時刻までに、金融機関に急ぎました。店舗が閉まってからでは、お金が手に入らないからです。今では、コンビニのほとんどのATMは、24時間稼働しています。商品を買うのと同時に、現金の出し入れができます。

2つ目については、預金者は窓口で、預金口座から現金を引き出すため、用紙に記入していました。それを担当者が処理して、現金を受け取りました。この手続きを、利用者が自分で機械を操作して、数分で行うようになりました。ATMは、当初は、金融機関だけで使われていました。今では、街角やコンビニなどにも普及して、多くの人に利用されています。

日中を過ぎて、夜中に返済したい人には、銀行以外の消費者金融は便利です。借入の手続きの中で、借入、返済は、いくつかの方法で行うことができます。口座振込、口座振替、消費者金融の会社のATMなどがあります。そして、コンビニなどにある提携先のATMも挙げられます。これが、最も近くて便利な場所になりそうです。夜中の12時を過ぎても、現金の出し入れができます。コンビニもATMも、流通や金融の分野で、人々の生活を便利にした代表的なものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.