金利以外でレイクとプロミスの違いを教えてください

キャッシングで借りようと思うのですが、どこを選べばいいかで迷っています。選択肢としてはレイクとプロミスです。どっちも無利息期間があるので得だと思うのですが、どちらがいいでしょうか?金利はプロミスの方がちょっとだけ低いですが、大差はないと思うので、それ以外で比べるポイントを教えてください。(参考ページはこちら→カードローンの無利息期間はとても魅力的?

ポイントはATM利用手数料と無利息期間

金利の上限はレイクが18.0%、プロミスが17.8%ですね。確かに、それほど大金を借りるのでなければ大きな違いにはならなそうです。借りる額が数万円程度でしたら、むしろ手数料に気をつけたいですね。どのキャッシング会社でも直営ATMなら利用手数料を取らないと思いますが、コンビニや銀行などの提携ATMを使う場合には違いがあります。レイクは提携ATMでも手数料がかかりません。頻繁に使う予定があったり返済が長期間になりそうなら、こちらがお得かもしれませんね。(参考ページはこちら→カードローンが便利に使えるATMについて

もっとも提携ATMを使わずに、直営ATMを使うか、振り込みで借りて自動引き落としで返すなら手数料はかかりません。それ以外のポイントというと、無利息期間でしょうか。どちらも「30日間無利息」とあるので、一見同じようです。でもよく見ると違うんですよ。レイクは「契約の翌日から」30日です。この間に借りても借りなくても、30日経てば無利息期間は終わってしまいます。なのでレイクで借りるなら、お金を借りたいそのときに契約する必要がありそうですね。

一方でプロミスは、任意でポイントサービスに登録した後に無利息期間が発生します。しかも「お金を借りてから」30日が対象なんです。ポイントサービスを申し込んだあと、実際に借りるまでに間があったとしても、その間に無利息期間が消費されてしまうということがありません。なので、「実際に借りるのはまだ先だけどカードを作っておきたい」ならプロミスの方がお得ではないでしょうか。

レイクもプロミスも金利は必ず低く設定されている

レイクもプロミスも、融資の際に元金に対して設定される金利は必ず低く設定されています。基本的に、消費者に対して少額融資を提供する業者と言うのは高い金利を設定しません。理由は簡単で、消費者にお金を借りてもらうことを目的としてサービスを提供しているからです。少額融資のサービスは他のサービスと異なって適用される法律が違いますので、お金を借りやすくすることに主眼を置いているのです。
(⇒プロミスの金利って安いの?

これは、消費者金融の金利に関する歴史を知ればすぐにわかります。元々、個人の消費者に対する金利については色々な問題点が存在していたのです。その代表的なものに、金利に関して適用される法律が二つ存在していたと言う事実がありました。本来ならば一つの法律に従ってサービスが提供されなくてはいけなかったのですが、法律を曖昧にしていたためにこのような弊害が生まれてしまいました。

一昔前までは、利息に関して利息制限法と出資法と言う二つの法律が存在していたのです。二つの法律が存在していたことにより、二つの法律が定める利息の上限範囲が異なるようになってしまい、出資法の方がより高い利息として業者に対してお金を支払わなくてはいけなくなっていました。当然、業者としてはより高い利息でお金をもらいたかったので、この出資法を基準とした融資をしていたいのです。

しかし、本来ならば消費者に対して貸しやすいように、または返済しやすいようにサービスを提供するのが普通ですので、このような業者の対応は行政にも問題視されたのです。そこで、貸金業法の改正によってより低い利息でしかお金を請求することが出来ない利息制限法が、消費者金融にとっての利息に関する法律になったのです。
(⇒利息も含めた返済の仕方が分かりにくいならこちらをチェック

このような経緯から、レイクやプロミスであっても消費者金融という看板を背負って融資をする限り、必要以上に消費者に対して利息を請求することが出来ないわけです。これによって、より安全にお金を借りることが出来るようになったのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.