アイフルとアコムとプロミスの違いとは

キャッシングベスト3

アイフルとアコムとプロミスを比較した時の分かりやすい違いは?

アイフル、アコム、プロミス…この三つの消費者金融のうちから、どこにするか悩んでいます。ちなみに私は年収340万くらいの会社員で36歳です。多分借りようと思えばこのどこからでも借りられる…はずですよね?

このどこかにするか悩んでいる事からも分かるかもしれませんが、この三社間での違いというのが私はイマイチ把握できていません。というか同じ消費者金融という事で即日融資だったりの同じ特徴があって、どんな時にどこを使うべきか、そして私ならどれが良いかというのが分かりかねています。お金が必要な時が迫っているのに困りものです。

だから、この三つの企業を比較したときに、分かりやすい違いというのはどこでしょうか?分かりやすい違いというのはその企業の特徴という事だと思うし、その特徴次第で私はどこにすべきか等も判断しやすいと思います。是非とも詳しい方に比較した時の違いというのをお聞きしたいです。

各社の目立つ点について説明をしていきます

消費者金融はどこでも同じという意見が常に出てくると思うけど、それは違うからね。そもそもどこも同じならここまでたくさん存在している理由が無いし、どこを使うかで完済した時の状況が異なっているというのは、珍しくも無い話だ。どこも安心して使える業者という意味では同じかもしれないけど、条件や特徴は違う。今回はお望み通り、特に特色として目立つ部分を紹介していこうか。

アイフルは、通常のカードローン意外にも豊富な商品ラインナップがあるのが特徴的だ。特に目立つのがファーストプレミアムと呼ばれるカードローンで、これは収入に余裕がある人の好条件で貸し付ける事を目的とした、言わばカードローン界のゴールドカードとも言える存在だ。逆に限度額が最低限のみのお手頃なカードローンもあるし、消費者金融らしいバリエーションに優れた業者と言えるだろうね。

アコムは、カードローンとしてだけじゃなくクレジットカードとしても使えるACカードがやっぱり目立つだろうね。カードローンとしてもクレジットカードとしても一枚で満足させてくれるのは、このカード以外はほとんど存在していない。あまりカードの枚数を増やしたくない人には最適で、カードローンのみかクレジットカードのみかも選んだりできるのでそこもユニークだ。

プロミスそしてプロミスだけど、ここならカードローンの受け取りもその日に出来る事がやっぱり目立つね。その日にカードを発行して融資も受けられるというのは消費者金融の中でも特にスピーディーと言って良く、さらには送られてくる郵送物を可能な限り減らす取り組みもしていて、内緒で使いやすいというのもポイントだ。家族が居てその家族にも内緒にしたいなら、ココがおすすめだ。
(⇒プロミス利用でその日にカードを受け取るコツ

他にも色んな魅力があるけど、目立つ部分と言えばこれらの点だ。自分はこの中で何を求めているか、それを考える参考にしてもらえると嬉しいね。

アイフル・アコム・プロミスと銀行カードーンの比較

キャッシングやカードローンは、消費者金融などの貸金業者が、個人向けに無担保でお金を融資するものです。借入れには審査が必要ですが、一度キャッシング用のカードが発行されれば、カードを使ってATMからお金を引き出すことが出来ます。その利便性の高さから急速に普及しましたが、安易に借入れ出来ることが災いし、多重債務に陥る人が急増しました。多重債務者が急増した原因には、キャッシング金利の高さが大きな要因の一つです。また返済が滞れば強引な督促をする業者も多く、中には自殺する人がおり社会でも大きな問題として取り上げました。(参考ページはこちら→多重債務に陥るとどうなるの?

問題解決のために、政府がとった対策は、貸金業法改正による上限金利の設定と、年収の3分の1を超える融資を規制する総量規制です。現在では、対策の成果もあって、多重債務者の増加は落ち着きを見せています。多重債務者問題が騒がれていた当時、大手消費者金融と呼ばれていたのは、武富士・プロミス・アコム・アイフル・三洋信販・レイクの6社です。貸金業法改正や過払い請求による業績悪化から、現在では武富士、三洋信販はその名を残していません。

現在、生き残った大手消費者金融系のカード会社は、アイフル・レイク・プロミス・アコムなどだと言えるでしょう。利用者は、どの会社のカードを利用するか考えるとき、各社の商品を比較する必要があります。

特に注意すべきは、金利設定です。一般的に、カードローンの金利は、銀行のほうが消費者金融よりも低いイメージがありますが、プロミス、アコム、アイフルはどれも銀行と比べても遜色がない金利設定をしています。また、個人向けの小口融資については、銀行よりも消費者金融会社の方が実績がありノウハウに長けていると言えるでしょう。ただし、銀行カードローンは、総量規制の対象になっていませんので、消費者金融系カードローンの審査に通らない方でも、利用できるというメリットはあります。

それぞれのカードローンの特徴を調べ、自分に合ったカード会社を利用するようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.