ブラックリストでのプロミス利用はできる?

キャッシングベスト3

ブラックリストでのプロミス借り入れは成立するのでしょうか

ブラックリスト状態で、プロミスの借り入れ契約は成立するのでしょうか?

プロミスというか消費者金融全体としても聞きたいのですが、ブラックリスト状態でも借りられるかは気になります。詳しい経緯は省きますが私はつい最近そのブラックになってしまい、少なくとも銀行からの融資というのはもう諦めています。でも今すぐお金が必要という事態はこのままだと解決できませんので、今は私でも借りられるところ…銀行より課は審査が甘い消費者金融に期待しているところです。

ブラックリストでもプロミスは融資してくれるのか、それをお聞きしています。ブラックリストという現状はそうそう消したりできないのはすでに承知していますので、借りられるかどうかだけを教えてもらえると助かります。

ブラックリストでプロミス利用は成立しないでしょう

単刀直入に申し上げますと、ブラックリストの人に対しての融資というのは、大手消費者金融だと行われてはいませんね。無論消費者金融だけでは無く銀行、信販会社でも同じ事です。プロミスは大手消費者金融なのですから、当然借りられないという結論になってしまいます。

ブラックリストというのは正式には金融事故記録という名称であり、この事故記録がある人というのは信用情報機関を通して他のあらゆる金融業者が閲覧できるようになっています。そして融資を行う上で返済能力が著しく低い事を証明する情報があれば、審査では問答無用で落とすところが大半です。それでも融資してくれるのは一部の中小の消費者か、闇金業者になります。借りられるとしても良い条件では借りられない、という感じです。

中小ならと書きましたが、消費者金融ならこの情報を必ず見ていますので、中小でも落ちる可能性というのはかなり高いです。何故中小なら貸してくれるかと言うと大手企業との棲み分け、そして何より『ブラックリストでも貸すかどうかはその業者が判断できる』のです。絶対にどんな融資でも無理じゃなく、それでいて闇金以外からでも借りられるなら希望がありそうですが、その希望はあまりにもか細いものであるという自覚を持っておきましょう。

正直なところ、ブラックでも借りられる業者を探すよりも、ブラックの記録が消えるまで融資は極力使わない方針にする方がおすすめです。ブラックの記録さえ消えればまた便利に使えますので、それからでも遅くないのなら今は我慢する方が後々良い融資を受けられるでしょう。

ブラックリストでのプロミス借り入れできるか

ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が登録されることをさします。事故情報とは、債務整理、債権回収、強制解約、破産申し立てなどの情報が登録されてしまうことです。

いずれも返済能力がないために登録されてしまう事故内容ですので、新たにローンを組もうとしたりクレジットカードを作成しよとしても、審査では必ず信用情報調査は行われますので、申込み時の借入申告ときにいくらこれまで返済で問題を起こしたことがないと申告したとしても、その申告が正しいかどうか信用情報機関にカードローン申込み者の情報を照会すれば、すぐに事故情報が登録されているかどうかはリアルタイムで分かってしまいます。ブラックリストでのプロミス借り入れは、カードローンを申込みしても当然断られてしまいます。

信用情報機関に登録されている事故情報ですが、5年間は情報が登録されています。そのため、この期間は新たにローンを申込みしても断れる可能性がが非常に高いです。これは、ローンを申込みする時だけでなく、プロミスを利用していて他のカードローン会社も利用している。そして、他のカードローン会社で事故を起こしてしまった。この場合は、プロミスで事故を起こしていなくても信用情報調査は定期的に調査が行われますので、プロミスのカードに融資余裕額があったとしても事故はあったと定期的な信用情報調査で発覚すれば融資がストップします。

融資がストップすることは、事前に親切に連絡がくることはありませんので、突然何の予告もなくストップします。そこからは、融資がとまってしまいますのであとは残高を返済するだけになってしまいます。ただし、ずっと借り入れができないかというとそうではありません。信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、5年間です。長くても7年間です。この期間は長いですが、情報が消えてから再度カードローンの申し込みをすれば、融資の検討をしてもらうことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.