ブラックでも即日キャッシングは可能です

キャッシングベスト3

ブラックでも即日に融資してくれるキャッシングが可能か知りたい

29歳のフリーターです。実は、クレジットカードの返済の遅延を繰り返したことで信用情報にブラックが付いてしまいました。

そんなブラックでも即日にキャッシングできるところってあるんでしょうか?あったら是非とも教えて下さい!

ブラックでも街金なら即日キャッシングがOKです!

分かりました。教えましょう。ブラックでも即日にキャッシングできる金融会社はありますよ。ただし、それほど数は多くないと思われます。また、そのような街金には闇金まがいの会社もありますので注意が必要です。

銀行や知名度の高い銀行系の大手消費者金融はきっぱり諦めて下さい。ブラックだと審査に通るのはまず無理ですから。

それゆえ、それ以外の消費者金融となります。そして、中小の消費者金融の中でも“街金”と呼ばれている小規模の消費者金融が狙い目となります。

街金とは、特定の地域に限定した貸金業務を展開している小規模の消費者金融であり、ブラックでも即日キャッシングが可能な街金の多くが電話や来店して審査と融資を行う対面融資のかたちを取っていると考えてよいでしょう。

そのことから、そのような街金ではインターネットからの申し込みができないケースが多いと思います。が、まれにインターネットでも受け付けてくれる街金はあるようです。

また、ブラックでもOKの即日キャッシングを謳っている街金でもいろいろなケースがあるのです。たとえば、過去のブラックは問わない“過去不問”の審査をしている街金もあれば、現在任意整理中のブラックであっても現在の借入れ状況に問題が無ければ審査に応じて審査に通してくれる場合もある街金、さらにブラックであろうがなかろうがやや無原則な審査で融資してくれるような“ソフト闇金”と称されるような街金といった具合です。

加えて、ブラックでも即日キャッシングが可能な街金は、銀行はむろんのこと、ブラックNGの消費者金融の金利に比べて利息制限法の上限に近いような高い金利を設定しているところが多く見受けられ、仮に借りられても少額しか融資してくれないといった制約がかかることを理解しておくことが大切でしょう。

また、上記で触れた“ソフト闇金”は、ブラックでもすんなり即日キャッシングさせてくれると思いますが、違法です。しかし、かつての闇金のように怖い取り立てや恐喝紛いの行為に及ぶことはないようです。

そうは言っても、違法な街金に申し込むことは絶対にお勧めできません!だからあくまでも正規の街金の中でブラックでも即日にキャッシングできるような街金を探すことが大前提となります。

そして、そのようなブラックでも即日キャッシングが可能な劇甘審査の街金は存在するのです。

即日キャッシングでブラックでも大丈夫!でもその先どうなるの?

40代のその男性は、いわゆる多重債務者です。仕事は、派遣社員で、月収は15万くらいです。ギャンブルが好きで、借金が重なっています。妻とは、うまく行かなくて別れました。即日でキャッシングという広告を見つけました。ブラックでも大丈夫と書かれています。キャッシングは、もう大手からは断られています。その金融機関で借りようかどうか迷っています。

まず、即日でキャッシングというのは、どういう意味でしょうか。そこのキャッシングを利用すれば、その日に貸付を行うということになります。キャッシングというのは、現金自動支払機を使った、個人向けの少額の貸付のようです。普通は、借り手がどういう人か、貸し手が調べます。借りたお金が返せないような人には、貸し付けできません。この人になら貸し手もいいだろうと判断したら、貸付を決定します。

次に、その人の返済能力を調べるのが、貸付審査です。それは、貸付の手順の1つです。一般的には、借入申込から始まって、貸付審査、貸付決定、借入契約、カード発行、借入、返済という流れで、手続きは進むでしょう。この貸付審査で不合格になれば、金融機関は貸付をしないでしょう。不合格になる理由の1つに、その人の借入、返済に関する過去の記録があります。

消費者金融の会社のほとんどは、オンラインで、利用者の個人情報が入ったコンピューターのシステムを利用しているようです。消費者金融を利用した人は、その会社の会員になります。そこで、自分の個人情報が利用されることに同意します。ある人が、過去にどれだけの返済の延滞を行ったか、それで分かります。ブラックリストに載っていれば、その人は要注意人物で、貸し付けしない方がいいということになります。

しかし、このブラックリストとか、ブラックという人物の呼び名は、実際には存在しないようです。色々な分野で、要注意人物の乗った一覧表をブラックリストと呼んでいます。消費者金融で言われているのは、利用者を中心とした一部の人々の間で使われているようです。例えば、誰か、かつて返済に延滞のあった人が、どこかの金融機関で借入を断られます。それで、自分はブラックリストに載っているからだめなんだ、と思います。そこから、この言葉が、あちこちに広まっているようです。

それでは、ブラックでも大丈夫というのは、どういうことでしょうか。他の会社が貸付しないような人に、どうしてその会社は貸付するのでしょうか。何か特別な理由があるのかもしれません。金利を高くするのでしょうか。いざとなれば、強引な方法で借金を取り立てるのでしょうか。消費者金融は、貸金業法という法律で、業者として登録することになっています。その登録はあるでしょうか。後々で、返済に苦しまないように注意した方が良さそうです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.