銀行借り入れする時って担保は必要?

キャッシングベスト3

銀行借り入れする時って担保は必要なのかな

引越しをしないといけなくて、ちょっとまとまったお金が必要になってしまいました。まとまったお金が欲しい時ってやっぱり銀行借り入れが良いですよね。銀行のカードローンを利用出来たらなって思ってるんですけど、そういう時って担保みたいなのってやっぱり必要になってくるんでしょうか?

銀行借り入れを利用する時、基本的に担保は必要無いですよ

銀行のローンを利用して借り入れをする時に、担保は基本的に必要ありません。銀行系の借り入れの場合には、100万円までの利用の場合は、身分証明証のみで借り入れする事が可能です。100万円を超える借り入れを利用する時には、収入証明証の提出が必要になってきますが、100万円まででしたら即日融資も可能な場合も多かったりします。よっぽど条件が悪いなどの場合には、担保をつけるように言われる場合もありますが、ほぼ無いと思って良いでしょう。

早めに銀行系のローンからお金を借り入れしたい場合には、前もって身分証明書などをすぐに提出出来るように準備しておく事をお勧めします。そうする事によって、早めに提出する事が出来、融資も早まる可能性が高くなるからです。インターネットからの申し込みの場合には、メールなどに身分証明書を添付して送ると言う事が可能な所が多いので、とても便利です。携帯に写真機能が付いていれば、とても楽ですね。

引越しのお金となると、早めに準備した方が良いはずなので、審査の申し込みも早ければ早い程、即日融資が可能になるので、早めに審査の申し込みをしておくと良いでしょう。

銀行からの借り入れは担保ありのローンが融資を受けやすく低金利!

最近では担保や保証人を必要としないキャッシングやカードローンを大多数の人が利用するようになりましたが、銀行の借入では未だに担保による融資が多く行われています。担保というと家や土地などをイメージすると思いますが、株式、社債、投資信なども価値があれば担保として利用できます。これらは有価証券と呼ばれています。借り入れを行う際に担保を差し出すと返済が滞ったさいには担保に入れたものを銀行は売却して返済に充てることになります。もし返済できなければ家や土地を失ってしまうというリスクはありますが、担保がある方が有利な条件で融資を受けることができるのです。

有担保ローンのメリットデメリット
たとえば不動産を担保にしたローンを組む際のメリットデメリットを見てみましょう。メリットは無担保ローン比べて融資を受けやすいという点です。また借入額も無担保ローンに比べると高額です。また担保となる不動産の価値が高い場合には低金利で借り入れできる場合もあります。しかし、一方でもちろんデメリットもあります。最大のデメリットは返済できなければ担保である家や土地は競売にかけられ売却されてしまいます。

しかし、実際にはそう簡単に担保である家や土地は売却されたりしません。たとえば返済が一か月遅れたくらいでは大丈夫です。ただし、2ヶ月、3か月と返済が滞れば金融機関もなんらかのアクションを起こせざるをえません。しかし、すぐに担保の売却というわけではなく、まずは返済計画の見直しです。毎月の返済額の減額などの相談にのってくれるでしょう。しかし、もし事業資金などの借入であれば一度経営が傾くとすぐに立て直すのは難しく、返済計画の見直しにも限界があるでしょう。

不動産を担保にしたローンは銀行からノンバンクまでたくさんの金融機関が取り扱っていますがどこがおすすめなのでしょうか。こればかりは一概に言えないのですが三井住友銀行の有担保ローンを見てみましょう。使い道は自由で最大で一億円まで借入できます。ただし、事業資金に利用することはできません。借り入れ条件としては保証協会を利用すること、第一位の抵当権を設定することなどが挙げられています。また団体信用生命保険への加入が義務付けられています。金利は条件によって異なりますが約2.4%から3.7%と低金利です。

お金が必要でかつ不動産をお持ちでしたら不動産を担保にしたローンも検討してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 プロミスだけじゃない安心のカードローン!※一覧公開中! All Rights Reserved.